パートナーの浮気でお悩みの方

パートナーの浮気や不倫でお悩みではありませんか?

浮気や不倫の不審・疑問長年にわたり信頼していたパートナー(夫・妻・恋人・交際相手・婚約者)に浮気や不倫の不審・疑問を抱いてしまい、日常の生活が手につかなくなっている事はありませんか?
浮気・不倫などで悩まれている方の多くは、調査の依頼は勿論のこと誰かに相談をすることも躊躇されているようです。 お悩み事・お困り事相談センター越谷相談窓口では、相談・依頼を受けたからといって、不必要に調査を行ったり事態を悪化させるような事はありません。常にご依頼人のメリットを優先し、調査とアドバイスをいたします。

浮気・不倫の兆候を感じたら

もしかして浮気

もしかして浮気・・・?そう思ったら、行動する前にお悩み事・お困り事相談センター越谷相談窓口の無料相談をご利用ください。あなたの行動によって関係が崩れてしまったり、有利に進められなくなる場合があります。「おかしい」と思ったら、まずは落ち着いて慎重に行動することが大切です。

当てはまったら要注意です。

1.休日でも仕事や用事で出掛けることが多くなり家に居なくなった。
本当に仕事で忙しい場合もありますが、あまり連絡が取れない場合や休日出勤が増えたり朝帰りが増えたという場合は要注意です。「今日は何人くらい出社していたの?」「朝までおつかれさま。どんな方と飲んできたの??」など、さりげなく情報収集をしましょう。
2.頻繁にLINEやメールを気にしている。
肌身はなさず携帯電話を持っていたり、常にメールを気にしている場合は注意です。また、携帯電話にロックがかかっている場合も要注意です。
3.服装や外見が変わり、お洒落をするようになった。
突然ファッションに気を使うようになったり、下着に気を使うようになったら要注意です。もちろん浮気をしていない場合も十分にありえますが、特になにかあったわけでもないのに大きく変化が見られた場合は、少し注意をして見守りましょう。
4.私に対しての接し方が変わった。
ほかに好きな人ができたことで家族のことが鬱陶しくなり、口数が減ったり、冷たくなるなどの状況が現れます。反対に、やさしくなったり、うきうきするというパターンもあります。浮気のうしろめたさからやさしくしたり、恋愛による高揚感でウキウキしていたりという行動に出る方もいます。

浮気や不倫は法律違反?

肉体関係がある浮気や不倫は、民法ではこのように定められています。

「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。」(民法第709条)
「他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。」 (民法第710条)

もしかして浮気ここに書かれている財産以外の損害とは、精神的損害や肉体的損害も含まれます。
これらの法律により、浮気や不倫は不法行為となり、損害賠償=慰謝料等を法的に請求する事が出来ます。
また、浮気相手への慰謝料請求は相手の結婚生活が実体を失っていたかどうか、それにより請求が認められるのかが異なります。

浮気調査は裏切った相手に責任を取らせる為の証拠を集めます

浮気の証拠写真浮気調査は、裏切ったパートナーと浮気相手からきちんとした形で責任を取らせる為に行う証拠集めを目的とした調査です。
不貞行為とは、配偶者以外との性交渉のことで、裁判では不貞行為があったかどうかが焦点になってきます。
しかしながら、不貞行為は殆どの場合、密室で行うものであり、その行為を撮影することは常識的に不可能です。このことから通常は性行為があったと推認できる証拠が不貞行為の証拠となります。

ただし一度の証拠では「気分が悪くなって休んだだけ」「相談に乗っていた」「肉体関係はない」等、言い逃れが出来てしまいます。
そこで通常は複数回の証拠資料が「不貞行為の証拠」として認められます。また、携帯電話のメールや手紙、携帯電話の発着記録のみでは証拠として採用されないケースもありますが、保管しておくことをお勧めします

証拠があれば浮気が原因での離婚は可能です。

離婚請求夫婦には同居の義務や、お互いに協力し扶助しなければならないという義務があります。この義務の中には、夫婦がお互いに終生貞操を守る義務も含まれています。つまり、この義務に反し、どちらか一方が不貞行為=浮気・不倫を行った場合には、他方は不貞行為を理由に離婚請求を行う事が出来ます。

また、その他にはこのような理由でも離婚の請求は可能です。

  • 妻子に生活費を渡さない。
  • 配偶者としての扱いをしない。
  • 理由なく他に部屋を借りて暮らす、同居を拒否する。
  • 家出を繰り返す。
  • 実家に帰ったまま戻ってこない。
  • 夫が健康だが働こうとしない。

このように「夫婦関係が修復不可能なまでに破綻してしまっていて、夫婦として円満な関係を維持する事が困難」な場合、「婚姻を継続しがたい重大な事由」として離婚原因になる事が認められています。
しかしこのような原因は一概に認められるわけではなく、あるケースでは離婚原因になっても、他のケースでは離婚原因にならない場合があります。また、浮気が離婚理由の場合は証拠が提示できない場合も離婚が認められない場合もあります。

浮気や不倫が離婚原因の場合も、必ず「証拠」となるものを用意しておきましょう。

こんなお悩みはご相談ください。

  • 浮気の立証や手順を教えてほしい。
  • 浮気相手の素性を知りたい。
  • 今持っている証拠で十分かどうか教えてほしい
  • 証拠がない場合はどうしたらいいですか?
  • 離婚の裁判はどうやって進めていけばいいですか?
  • 浮気調査の手順を知りたい。
  • 浮気の調査方法を知りたい。

お問合せ

運営管理:埼玉県越谷市 | 浮気・不倫・離婚の無料相談所「お悩み・困り事相談センター」

【むさしの探偵グループ】 武蔵野総合事務所 レディース探偵社 トラスト・アイ総合探偵事務所 東京安心リサーチ リッシン探偵事務所